インプラントを長持ちさせるためにはメインテナンスが大切です

インプラントを長持ちさせるためにはメインテナンスが大切です

インプラントの治療が終了しても、それで終わりではありません。インプラントを末永くお使いいただくためには、治療後の正しいメインテナンスが欠かせません。

都営地下鉄大江戸線「光が丘」駅から徒歩5分、練馬区光が丘の歯医者「さくま歯科インプラントセンター」が、インプラントを長持ちさせるポイントをお伝えいたします。

インプラントは入れてからが重要

インプラントは入れてからが重要

インプラントを埋めたあと、メインテナンスを怠ると、周りの健康な歯に悪影響を及ぼすことがあります。中でももっとも気をつけたいのが、歯周病と同様の症状が現れるインプラント周囲炎。進行すると、インプラントが抜け落ちる可能性があります。

インプラントとは長い付き合いになりますので、インプラントを入れたから安心するのではなく、同じことを繰り返さないためにもこれまで以上に口腔内のケアをすることが大切です。

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎の原因は、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌です。歯周病菌が潜むプラークをしっかり落としきれていないと、インプラントの周辺に炎症が起こります。症状に気づかないまま放置すれば、インプラントを支える顎の骨が溶けてインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント周囲炎は、インプラント治療の5~6年以内に起こる可能性が高く、一度起こると進行が早いため、特に注意が必要です。

ケア方法

口腔内の健康を保ち、インプラントを長持ちさせるために、毎日のブラッシングのほか、歯科医院で受ける定期検診に取り組むことをおすすめします。

自分で行うブラッシング

自分で行うブラッシング

まずは、ご自宅で正しいブラッシングを行いましょう。単純に歯ブラシを動かせばいいというわけではありません。プラークの溜まりやすい部分は特に丁寧にみがくことが大切です。当センターでは、患者様一人ひとりに合ったみがき方を親切丁寧にご指導いたします。

歯医者での定期検診
定期検診

定期検診

毎日のブラッシングが正しく行われているかを確認するためにも、当センターでは数カ月に一度の定期検診をおすすめしています。インプラント周囲炎や虫歯などの早期発見につながり、最小限の負担で治療が可能です。

PMTC

PMTC

定期的に徹底したクリーニングを行うことも大切です。PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)では、専用の器具を使用してバイオフィルムと呼ばれる細菌のかたまりを除去します。痛みや不快感もなく、歯の表面がツルツルになり、口腔内が快適になるケアです。インプラントを長持ちさせることはもちろん、健康な歯も虫歯や歯周病から守る効果があります。

インプラント治療前後にも 注意するべき大切なことがあります

PAGE TOP